HOME>特集>住宅ローンが払えなくなったら任意売却をすぐ検討しよう

住宅ローンが払えなくなったら任意売却をすぐ検討しよう

つみき

住宅ローンが払えないままになると競売にかけられる

借金というものにはいろいろな種類がありますが、家を購入するときに利用するのが住宅ローンです。かなりの金額を分割して月々の支払いにできるので、家を購入するたいていの方が使っています。ですが、十年単位での支払いとなるため、なにかのアクシデントで住宅ローンが払えないままになることもあるでしょう。住宅ローンの支払いが遅れて、一定の期間がたつと、競売というものにかけられる可能性があります。これは住宅ローンを回収するための権利なので、どうあがこうとも止めることはできません。競売は考えているよりもずっと安い値段で落札されてしまうため、かなりの損をするといっても過言ではないでしょう。もしも、競売にかけられて大損したくないのなら、先手を打って任意売却をおこなうことを推奨します。

家の模型と硬貨

任意売却をすれば競売を避けられる

『住宅ローンが残っていると、家を売り払うことができない』という知識を持つ方は多いです。しかし、それには抜け道があり、住宅ローンがあっても任意売却という便利な方法を選択することもできます。その方法を活用すれば、競売に移行する前に家を売り払えますので、大損することはないでしょう。ただし、あくまで『選択』しなければいけない行為なので、自身で任意売却のプロを見つけて、仕事を頼まなければいけません。なお、任意橋客を専門におこなうプロは、法律関係や不動産関係の仕事を生業としている方です。ただし、事務所によって得手不得手がありますので、近所のところに頼むというのではなく、自分できちんと専門家を探す必要があるでしょう。