不動産会社の選び方|理想的な部屋に出逢うには

住宅模型

業者が買主になる

女の人

直接の取引

不動産買取は、不動産の買主が不動産を取り扱っている業者依頼して売買してもらう仕組みとなっています。一般的には、業者が一度買主として不動産買取を行い、その不動産を別の買主に対して販売するという形で業者が利益を得ています。このため、業者が見つけた買主と直接取引をするのに比べると、売主は手にすることができる金額が低くなってしまうでしょう。そうでなければ業者が買取をしたことによって損をすることになるからです。しかし、直接の取引になるので売却の時点で買主を探す大変さがありません。業者が不動産買取を行うと決定してくれれば、価格が付いてすぐに売ることが可能です。ただし、買主が業者になるので業者の提示する買取価格に注意した方が良いでしょう。不動産査定を受けて、それに基づいて買取価格を提示してもらって納得できたら買取を依頼するという流れになりますが、査定と買取価格の設定の二つの段階で業者側が利益を生み出そうと考えます。査定価格が妥当なものであり、かつ買取価格との差額を考えて業者の利益幅が適切かどうかを確認することが重要です。買取の際に何%を利益とするかを明示している業者もありますが、査定価格を低めにして染めば利益幅は大きくなるでしょう。逆に査定価格が適正でも利益幅を大きく取る業者の場合には安くなってしまいます。不動産買取では業者との直接の取引だということを気にかけておき、慎重に取引をする業者を吟味することが重要です。